F15 東山古墳(ひがしやまこふん)

応神天皇陵古墳の西側、外側の堤に接して造られた方墳。
墳丘長は南北54m、東西57m、高さは7mである。応神天皇陵古墳の付属墳と考えられる。
墳丘に造られた平坦面から隙間なく並べられた円筒埴輪が見つかっている。
築造時期は5世紀前半である。

所在地
藤井寺市野中
アクセス情報
近鉄南大阪線「古市」駅 北に徒歩16分
写真等
【閉じる】