• 日本語TOP>
  • 百舌鳥・古市古墳群の世界文化遺産登録に向けて

百舌鳥・古市古墳群の世界文化遺産登録に向けて

世界遺産条約の締約国は、「顕著な普遍的価値」を有すると考えられる文化的資産及び自然資産について、世界遺産一覧表への登録推薦書を提出するよう求められます。
まず、各締結国は、将来の世界遺産候補となる資産を「世界遺産暫定一覧表」としてユネスコに設置されている世界遺産委員会に提出します。
日本では、「世界遺産暫定一覧表」として登録された資産は、「顕著な普遍的価値の証明」と「国内における万全の保護措置」の検討を進めながら「世界遺産登録推薦書(以下「推薦書」という。)」を作成し、「文化審議会世界遺産部会(文化庁の推薦決定)」「世界遺産条約関係省庁連絡会議(政府の推薦決定)」を経て、国内の推薦が決定します。
その後、推薦書の提出や世界遺産委員会の諮問機関(文化遺産においては「ICOMOS」、自然遺産においては「IUCN」)(*)による審査(現地調査を含む)を経て、世界遺産委員会で審議され、登録の可否が決定されます。

*ICOMOS(イコモス):国際記念物遺跡会議
International Council on Monuments and Sites
文化財の保存、修復、再生などを行う国際非政府間組織(NGO)。
*IUCN:国際自然保護連合
International Union for Conservation of Nature and Natural Resources
野生生物の保護、自然環境及び自然資源の保全に係る調査研究、途上地域への支援等を行う国際機関。

世界遺産暫定一覧表に記載されるまで

百舌鳥・古市古墳群は、現在、「世界遺産暫定一覧表」に記載されています。
つまり、世界遺産の候補となっている資産です。
平成18年度 文化庁が全国の自治体に対し世界遺産暫定一覧表記載資産候補を公募(それまでは、国が選定してユネスコに推薦)
平成19年9月26日 大阪府・堺市・羽曳野市・藤井寺市が共同で、世界遺産暫定一覧表記載資産候補として「百舌鳥・古市古墳群」を文化庁に提案
平成20年9月26日 文化審議会世界文化遺産特別委員会が「世界遺産暫定一覧表への記載が適当(但し条件付)」として選定
※提案書の内容はこちらからご覧ください(外部サイト)。
平成20年10月 百舌鳥・古市古墳群世界文化遺産登録有識者会議を設置
平成21年8月 百舌鳥・古市古墳群世界文化遺産登録推進府市合同会議を設置
平成22年11月22日 ユネスコ世界遺産暫定一覧表に記載
・平成22年6月14日 文化審議会世界文化遺産特別委員会で記載了承
・平成22年10月6日 世界遺産条約関係省庁連絡会議で記載了承

世界遺産暫定一覧表記載から世界文化遺産登録に向けて

百舌鳥・古市古墳群は、平成31(2019)年度の世界文化遺産登録をめざしています。
最短スケジュール 平成23年度 平成23年5月12日
・百舌鳥・古市古墳群世界文化遺産登録推進本部会議設置(大阪府知事、堺市長、羽曳野市長、藤井寺市長等で構成)
・最短で平成27(2015)年の登録をめざすことを決定
平成24年度 ・文化庁との協議や有識者からの意見聴取を行いながら推薦書(原案)を作成
・大阪府内外への情報発信の強化、機運醸成に向けた取組みを実施
平成25年度 平成25年6月4日
・大阪府副知事と地元3市長が文化庁長官に推薦書(原案)を提出
平成25年8月23日
・国の文化審議会世界文化遺産特別委員会が開催され、百舌鳥・古市古墳群の推薦が見送られた
平成25年11月26日
・文化審議会の結果や指摘されている課題等を踏まえ、新たな目標として平成29(2017)年の登録(平成27年の国内推薦)をめざすことを決定
平成26年度 ・国との協議や有識者等からの意見聴取を行いながら推薦書(原案)を作成
・大阪府内外への情報発信の強化、機運醸成に向けた取組みを実施
平成27年3月
・文化庁長官に推薦書(原案)を提出
平成27年度 平成27年7月28日
・国の文化審議会世界文化遺産特別委員会が開催され、「百舌鳥・古市古墳群」の推薦が見送られた
平成27年8月24日
・推進本部会議を開催し、文化審議会の結果等を踏まえ、新たな目標として平成30(2018)年の登録(平成28年度の国内推薦)をめざすことを決定
平成28年度 平成28年7月25日
・国の文化審議会世界文化遺産特別委員会が開催され、「百舌鳥・古市古墳群」の推薦が見送られた
平成28年8月24日
・推進本部会議を開催し、文化審議会の結果等を踏まえ、新たな目標として平成31(2019)年の登録(平成29年度の国内推薦)をめざすことを決定
平成29年度 平成29年7月31日
・国の文化審議会世界文化遺産部会が開催され、「百舌鳥・古市古墳群」を平成29年度における世界文化遺産の推薦候補とすることが決定
平成30年度 平成30年1月
・ユネスコへ推薦書を提出
・ICOMOS(イコモス)による審査・現地調査
平成31年度 ユネスコ世界遺産委員会で登録決定

※「平成30年度」以降のスケジュールは予定です。

日本の世界遺産暫定一覧表記載遺産

平成30(2018)年7月現在、8件の遺産が暫定一覧表に記載されています。
資産名 記載年 都道府県
武家の古都・鎌倉[文化] 平成4年 神奈川県
彦根城[文化] 平成4年 滋賀県
飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群[文化] 平成19年 奈良県
北海道・北東北を中心とした縄文遺跡群[文化] 平成21年 北海道、青森県、岩手県、秋田県
金を中心とする佐渡鉱山の遺産群[文化] 平成22年 新潟県
百舌鳥・古市古墳群[文化] 平成22年 大阪府
平泉―仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群―(拡張)[文化] 平成24年 岩手県
奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島[自然] 平成28年 鹿児島県、沖縄県