• 日本語TOP>
  • お知らせ>
  • 第6回百舌鳥・古市古墳群世界文化遺産登録推進シンポジウムを開催します!(平成29年3月24日更新)

お知らせ

第6回百舌鳥・古市古墳群世界文化遺産登録推進シンポジウムを開催します!(平成29年3月24日更新)


このたび、「百舌鳥・古市古墳群の世界遺産登録を応援する府民会議」と合同で、シンポジウムを開催しますのでお知らせします。
シンポジウムでは、考古学や世界遺産の専門家の意見を通じて、多くの方々に百舌鳥・古市古墳群の素晴らしい価値を知っていただきたいと考えていますので、ぜひ、みなさまのお申込みをお待ちしております。

【シンポジウムの申込み受付は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。】

1 日時
平成29年5月14日(日曜日) 午後1時から午後4時50分まで

2 会場
りそなグループ大阪本社ビル 地下講堂(大阪市中央区備後町2-2-1)

3 主催者等
(1)主催 百舌鳥・古市古墳群世界文化遺産登録推進本部会議
(2)共催 百舌鳥・古市古墳群の世界遺産登録を応援する府民会議
(3)後援 文化庁、株式会社りそな銀行、日本イコモス国内委員会ほか

4 プログラム(予定)
(1) 基調講演

「世界の墳丘墓と日本の古墳(仮)」福永伸哉氏(大阪大学大学院教授)
(2) 講演
「世界遺産登録と登録後の取り組み(仮)」西和彦氏(文化庁文化財部参事官(建造物担当)付文化財調査官)
(3)調査研究発表
「墓山古墳の出土品について(仮)」土屋隆史氏(宮内庁書陵部陵墓課陵墓調査室)
(4)パネルディスカッション
「改めて考える世界遺産登録の意義と目的(仮)」
コーディネーター:岡田保良氏(国士舘大学教授)
パネリスト:福永伸哉氏
西和彦氏
宗田好史氏(京都府立大学副学長・教授)
ウェルナー・シュタインハウス氏(広島大学特任准教授)
徳田誠志氏(宮内庁書陵部陵墓課陵墓調査官)

5 参加申込みについて
(1)参加費 無料
(2)定員 500名(先着申込順)
(3)申込方法 往復はがき又はインターネット
【往復はがきの場合】
・往復はがきに参加希望者の氏名(複数の場合は全員分)、代表者住所、代表者電話番号、返信はがきの宛名にお申込み代表者の氏名、住所をご記入のうえ、〔申込先〕までお送りください。
・平成29年5月9日(火曜日)必着
〔申込先〕百舌鳥・古市古墳群世界文化遺産登録推進本部会議事務局
〔住所〕559-8555 大阪市住之江区南港北1‐14‐16 大阪府咲洲庁舎37階

【インターネットの場合】
お申込みはこちら(大阪府インターネット申請・申込みサービス)から。
(受付は終了しました)
・平成29年5月9日(火曜日)午後5時まで
・お申込み後、電子メールにて「参加証」を返信します。

5 注意事項
・1グループ4名様までお申込みいただけます。
・定員(先着申込順)に達し次第、募集を終了させていただきます。
・当日ご来場の際には、はがき(往復はがきでお申込みの場合)またはメール(インターネットでお申込みの場合)にて返信する「参加証」をお持ちください。
・申し込みにおいて知り得た個人情報は、当シンポジウムの案内、連絡以外の用途には使用しません。