5周年記念

遺産影響評価

遺産影響評価とは、計画される事業などが世界遺産の価値に与える影響の可能性を事前に把握し、負の影響が想定される場合には、それらを回避又は低減する手法を導き出すために実施する評価分析作業のことです。百舌鳥・古市古墳群世界遺産保存活用会議では、世界遺産の顕著な普遍的価値を長期的に保護するため、『世界遺産「百舌鳥・古市古墳群」遺産影響評価マニュアル』を策定しました。

世界遺産「百舌鳥・古市古墳群」遺産影響評価マニュアル(令和4年12月改定)

ダウンロードはこちら
PDF版

世界遺産「百舌鳥・古市古墳群」遺産影響評価マニュアル[概要版]

ダウンロードはこちら
PDF版